債務整理には、任意整理、個人再生、自己破産があります。
どの債務整理の方法が良いか、専門家に相談すると良いでしょう。
場合によっては過払い金が生じている場合もあります!

3つの債務整理の方法

「借金が膨らんでしまい、どうしても生活していくことが出来ない。」

あるいは、

「借金があるけれども、家族には知られないように、借金問題を解決したい。」

と言った切実な悩みを持たれている方に、ぜひ、知っておいて欲しいのは「借金を合法的に整理する方法がある」ということです。

それが、債務整理と言われるものです。

この債務整理を上手く活用することにより、いつまでも貸金業者の厳しい取立てに怯え続たり、生活が脅かされることがなくなります。

一口に債務整理と言っても、次の3種類の債務整理の方法があります。


・任意整理
・個人再生
・自己破産

債務整理というと、自己破産というイメージがありますが、債務整理は自己破産だけではないのです。

ここで注意して頂きたいのは、債務整理はただ単に借金を減らす手段ではないということです。つまり、現在抱えている借金の返済に目途をつけたり、カタをつけることにより、人生を再スタートする手段であるということです。

まず、3種類の債務整理の違いについて、簡単に表にまとめておきます。詳しくは、各々、あとで説明します。

任意整理・個人再生・自己破産の違い

任意整理 個人再生 自己破産
借金は? (原則)支払う 支払わない
裁判所に申したてる必要は? ない ある
借金の経緯が問題となるか? ならない なる
司法書士などの専門家に頼む必要性 ある 出来れば司法書士を立てるほうが良い。裁判所によっては、司法書士を選任しなければ申し立てが出来ない場合もあるので注意が必要。
メリット ●司法書士などを選任すれば受任通知で、取立てがすぐに止まる
●闇金からの借金も解決可能
●利息制限法による借金の再計算により借金が減る
●未払い利息、遅延損害金、将来利息を支払わなくても良い
●過払い金が取り戻せる
●官報に名前が載らない
●任意整理の手続きによる借金整理よりも低い金額を支払えば良い場合がある
●強制執行手続きを止めることが可能
●職業上の欠格事由にならない
●借金を支払わなくて良い
●強制執行手続きを中断出来る
デメリット ●信用情報機関に登録される
●司法書士を選任する必要がある
●強制執行手続きを中断出来ない
●和解した後は自分で努力し、支払いをしなければならない
●業者との交渉が決裂した場合には、別の手続き(個人再生、自己破産)に移行する必要がある
●信用情報機関に登録される
●申立権者には制限がある
●裁判所に必要な書類を提出する必要がある
●手続きが煩雑である
●再生計画を履行出来ない場合、別の手続き(自己破産など)に移行する必要がある
●官報に名前が掲載される
●信用情報機関に登録される
●破産手続き中は職業上の欠格事由とされる
●一定の資産を持っている場合、その資産を手放す必要がある
●申し立て人宛の郵便物が破産管財人に転送される
●官報に名前が掲載される

後で詳しく説明するように、自分の借金の状態収入の状態に合わせて、あなたにとって最適の借金問題の解決方法を選ぶことが重要です。

本当に自己破産しかない?

3つの債務整理の中で一番有名なのは、自己破産でしょう。

債務整理自己破産を考えられている方のほとんどは「免責」、すなわち、借金を返さなくて良いという考えがあるようです。

正確に言うと、免責とは「債権者が借金の支払いを求める事が出来なくなる法的な効果」です。その結果、借金を支払わなくてすむのです。

免責になると借金が帳消しになるのですから、裁判所は借金をした理由に注目します。そして、借金の理由によっては免責が認められない場合もあるのです。

具体的に、免責が認められない理由とは


・ギャンブル
・投資や投機行為
・飲食代などの交際費
・その他の遊興費

などの場合です。これらを「免責不許可事由」と言います。免責にならなかった場合には、単なる「破産者」なので、借金を支払わなくてはなりません。ただし、生活を反省して、一定のお金を積み立てたりすることで、免責となる場合もあります。この様な場合を「裁量免責」と言います。

自己破産免責となると、その後、7年間は再び免責の申し立てをする事が出来ません

では、7年経てば、また免責の申し立てが可能で、認められるのでしょうか?

想像に難くないように、7年経っていても、もう一度、免責が認められる保証はありません。したがって、「免責を受けられるのは人生で一度だけ」と心得ていたほうが良いでしょう。

もしも、あなたが「自己破産をすれば、どんな借金も免責になって、チャラになる」という考えを持っているとすれば、それはとても危険な考えです。「自己破産して、困ったら、また、再び自己破産すれば良い」という考えも危険です。

自己破産は人生で一度きりのやり直しの出来る機会だと心得ておくべきでしょう。

3種類の債務整理の違い

債務整理において、自己破産最後の手段です。

自己破産を考えている方でも、借金の状況を調べると自己破産をしなくても済む場合があるのです。そして、自己破産をしないことによるメリットも少なくないのです。

ここで、3種類の債務整理の方法を簡単にまとめておきます。


[1] 任意整理(返済型) 裁判所を使わない手続きで、(原則3年の)分割で借金を返済する
[2] 個人再生(返済型) 裁判所を使う手続きで、(原則3年の)分割で借金を返済する
[3] 自己破産(清算型) 裁判所を使う手続きで、借金を返済しない

ここで、重要なことは、「借金を返済する」と書きましたが、実際に借りている金額と返済しなくてはならない金額は違うということを覚えておいて下さい。

詳細は後で説明しますが、本当に返すべき借金額は利息制限法で決められた利息により計算し直します。これを「引き直し計算」と言います。引き直し計算によって「本当に返すべき借金額」が決まります。

任意整理の場合には、貸金業者と交渉し、ここで言う本当の借金額を返済します。ちなみに、返済は(原則3年の)分割払いです。

個人再生の場合でも、本当に返すべき借金額が関係します。ただし、その借金額を全て返さなくてはならない訳ではありません。引き直し計算した後の本当の借金の総額によって、返すべき金額が法律でランク別けされているのです。この場合も、(原則3年の)分割払いで返済します。

「とても返しきれない」と思うような多額の借金であっても、自己破産だけが債務整理の方法ではないのです。自己破産を選ぶ前に、検討すべき選択肢がいくつもあるのです。

そのためにも、専門家と相談して、あなたの借金と収入の状況に適した債務整理の方法を選ぶことが大切なのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ